2016年03月01日

立山駅付近のお食事処 – イタリアンレストラン マノア

こんにちは、お食事大好きふなーです。

今日は立山駅付近のお食事どころをご紹介します。称名滝や立山駅に向かう途中にあるといえば、ひじょうに辛いネパールカレーが有名でした。じつは立山とネパールは山岳ガイドという共通点から20年以上交流があります。ネパールの方がおられたり、小学校のころネパールに行ったことがある人もいたりするんですよ。本格的なネパールカレーで辛いのですが癖になる味でなにより山登りに行く前にテンションをあげてくれる、そんな素敵なレストランでした。

そうなのです。過去形なのです。カレー屋さんは残念なことに閉店してしまったそうです。でも同じところにおしゃれなイタリアンレストランが開店していました。

DSC05341

もしかしたら、日本で一番標高が高いところにあるイタリアンレストランなのではと密やかに思ったりしました。国土地理院ホームページで調べてみると標高500mくらいですね。高い!
標高は高くともお値段はリーズナブルです。石窯ピザおいしそう~!

DSC05335

いただきまーす♪

DSC05338

おいしい!!ふわふわ系のピザで美味しいです。窓から見える森の景色と風が気持ち良いです。もう少し涼しくなったらテラス席も利用したいですね。

DSC05333

がっしりしたログハウスで、山小屋風のあたたかな雰囲気が心地よいです。

DSC05332

カレーも美味しかったです。パスタも

DSC05336

山奥なのでレストランなどあまりなさそうなのですが近くには他にも何軒か飲食店があります。マノアを過ぎてしばらくするとイワナと山菜料理のお店ルートカツラがあります。こちらも美味しそうだったのでまた次回行ってみたいと思います。少し遠回りになりますが、プモリというカレー屋さんも美味しいです(→プモ・リ)どこに行こうか迷ってしまいますね。

さいごに
森のなかにぽつんとあるレストラン、美味しくてロケーションもよくてオススメです。店内も広々としていて、家族連れも気楽に利用できる雰囲気です。ハイキング前にイタリアンというのが意外性があって贅沢でうれしかったです。ホームページはこちら→カフェ&レストランマノア

2014年10月28日

紅葉の称名滝2014

こんにちは、食欲の秋!ふなーです。

秋はほんとうに良いですね。ご飯も美味しいし、景色も綺麗だし。先日は立山がくっきり久しぶりに見えて綺麗でした。秋は空が澄んでいるのでとりわけ剣岳あたりの凸凹もはっきり見えるように思います。本当に美しかったです(でもカメラ忘れました)

まわりのお友達も秋の行楽を楽しんでいて、称名滝の紅葉を見に行ったという人もちらほら。ちょうど先週から見頃になったようで、土曜日午前にいくと駐車場が一杯なくらい混んでいたとか。11月後半には閉まってしまうので、早めに紅葉楽しみましょう!

a

ため息がでますね。岩肌の苔の緑に、赤と黄色と橙と…
友人は2匹の可愛いチワワを飼っているのですが、称名滝はたくさん犬さん連れがいたそうです。
確かに舗装されているので、一緒に登れるのはうれしいですね。

こちらはいつぞやの

P1010355

さいごに
最後の写真の上の方には、、、雪が!!11月6日の写真なので
あと少しで雪がふってもおかしくないということに。称名観光はお早めに♪

2014年10月09日

山間で見つけたちょうちょの正体を見つけた

こんにちは、喘息の秋!ふなーです苦しいです。

秋って喘息持ちにはきつい季節で、寒暖差が大きいと冷たい空気が肺に入って過敏にも反応してしまうので、あと台風とかも来てしまうのでしんどいです。というわけで、しんどさを吹き飛ばすようなさわやかな写真を探し出しました。先日称名滝に行った時にとった蝶の写真です。たぶん吹き飛ばされるさわやかさです。

漆黒の羽に、鮮やかなオレンジ。

DSC05404

この蝶は”サカハチョウ”です。
蝶辞典で調べる限りそうだと思われます。
サカハチョウは春型と夏型があって(春服と夏服みたいなもの?)これは夏型です。
春型は黄色ベースにオレンジと黒がちょっとのこれも美しい蝶。
なぜサカハチョウというのでしょうか?

ヒントはこちらの写真。

DSC05396

羽の白い模様が漢字の

の逆さに見えるから”逆八蝶”という名前がついたそうです。

うーんうまいこと考えられています。
わたしにはニコちゃんマークに見えます!

サカハチョウたくさんぶんぶんとんでいました。蜜をみんなで吸っていました。

さいごに
そういえば、「所さんの目がテン!」で発見された新種のカニには”メガテンガニ”とつけられたそうです。”ヤキイモ”という貝や”ブンブクチャガマ”というウニもいるそうです。名前いつかつけてみたいですね♪

2014年08月07日

そうだ称名滝に行こう!その①行き方

こんにちは、山ガールになりたいふなーです。

今日はわたしのおすすめの滝に行ってきました。実家から30分でいける便利観光地称名滝です。あなどるなかれ、 なんと落差日本一。日本一の山といえば富士山で立山はちょこっと負けていますが、ここに日本一の滝があった!水量も毎秒500トンになることもあるとか。2リットルのペットボトルで25万本ぶんです。さらに新緑の春と紅葉の秋はとりわけ美しいです。夏も・・・すずしいです!

立山駅に向かうように、富山県道6号線をずっと登っていきます。まっすぐです。

iki1

風がすこし強いのが気になりますが、稲が波立ってきれいです。

iki2

それほど狭くはないですがカーブの多い道です。追い越し禁止で待避所がいくつかあります。たまに工事も行われて いるので注意です。

iki3

ここで曲がるとスキー場に行きます。称名滝と立山駅はもっとまっすぐです。
いろいろと腹ごしらえしたりおにぎりを買ったりピザを買ったり車の中に入ったアブを退治したりしているうちに称名滝に到着しました。
立山駅付近のお食事処 – イタリアンレストラン マノア

駐車場は一番近いP1に停められました。無料です。

iki4

1.3キロという文字にひるみつつもさぁ出発しましょう!

黄色い帽子の一団、小学生たちがちょうど元気に称名滝から帰ってきていました。夏のイベントかな?

iki5

一分も歩けばさっそく坂のキツさにへとへとになります(はやい)
小学生の元気が欲しいです。でも一分もあるけばさっそく絶景が広がります。

iki6

下をのぞくとくらくらするような高さ。怖さをこらえてそーっと覗きこむと綺麗な水色の川が流れています。こんどは岩盤のような峡谷を見上げると首が痛くなりそうです。恐竜の背中みたい。称名滝にたどりつく前にはやくも大迫力です!

つづく

そうだ称名滝に行こう!その①行き方
そうだ称名滝に行こう!その②到着
そうだ称名滝に行こう!その③滝見
悪城の壁にひそむもの