映画『黒部の太陽』に描かれた大事業「大町トンネル」を走る「関電トンネルトロリーバス」の見学会(6月7日(水)~)公募受付開始でつ♪

「立山黒部アルペンルート」に長野側から入ると、扇沢駅から最初に乗るのが「関電トンネルトロリーバス」。
電力不足が深刻化して「黒部ダム」建設が着工。

まず必要になったのが、物資や資材の搬送のためのトンネルでつ。
当初1年の予定でしたが、「大破砕帯」にぶつかり地下水を大量に含んだ軟弱な地層で毎秒660リットルの冷たい水が噴出したそうでつ。

その大工事から60年。日本唯一になったトロリーバスに乗って工事をした人達の偉業に思いを馳せてみまてんか?
詳しくはこちら。(関西電力HP)

http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/hokuriku/koubo/