富山県と聞いて真っ先に思い浮かべるのは何ですか?

「立山!」

と答えてくれれば望外の喜びですが,「富山湾(の海の幸)!」という答えが返ってくることも多いです。
そう,富山県は山と海に挟まれた狭い土地で,しかもその山々は3000m級の山脈,富山湾の最深部は深海1000mという,なんとも激しい土地なのです。
ということはですよ,山と海,両方一気に楽しめる!
ということで,今回は立山を飛び出して新湊(しんみなと)にやってきました。

新湊は旧新湊市,平成の大合併後は『射水市新湊地区』となっています。
名前の通り海に面し,新湊漁港で水揚げされる紅ズワイガニ(ちょうど旬ですね)や白エビは県内外でも名が通っています。

最近では映画『人生の約束』のロケ地としても有名になりました。
竹野内豊を始めとする豪華俳優陣と,数々の名TVドラマを手がけた石橋冠監督の映画初作品ということで話題になりました。
何でも石橋監督が新湊を第二の故郷として愛着を持っておられるそうで,人生で一本映画を撮るなら新湊を舞台に!ということで撮られた映画が『人生の約束』。全シーンの半分以上が新湊で撮影されました。
表紙の写真は映画のクライマックス,曳山(ひきやま)祭りのシーンで利用された港橋です。

そんな新湊のランドマークと言えばやはり,

新湊大橋

 

CIMG5654

 

と,
海王丸

 

CIMG5656

 

ですね。
ちなみに両者はすぐ近くに鎮座しています。

 

CIMG5668

 

新湊大橋は、富山県射水市の富山新港に架かる日本海側最大の2層構造の斜張橋です。(Wikipediaより)
もともとこの地区には橋が架かっていたのですが,富山新港の建設のために橋が撤去,道路も分断されてしまいました。
その後は地元住民のために渡し船などで渡ることもできたのですが,やはり不便も大きく,地元の粘り強い働きかけの結果,2012年9月22日についに「夢の大橋」と半ば諦めかけていた橋が開通したのでした。
開通の日はたまたま橋の袂を通りかかったのですが,完成を祝う式典と初渡りの車で現地は大渋滞でした(普段はのどかなところなんですけどね)。

そして海王丸です。

海王丸はいわゆる航海練習船で,姉妹船の『日本丸』とともに長く日本のマリナーを育ててきました。
初代海王丸は1989年に引退,現在は海王丸Ⅱ世がその役を引き継いでいます。
新湊海王丸パークに係留されているのはもちろん初代海王丸。「海の貴婦人」と讃えられた姿を間近に見ることができます。
海王丸パーク自体は無料で入園できますが,別途大人400円の乗船料で海王丸に実際に乗り込むこともできます。
この日は冬季メンテナンス期間中のため乗船することはできませんでした。残念。
年に10回の総帆展帆(そうはんてんぱん)のときには,真っ白な帆を広げ美しく着飾った貴婦人を一目見ようを大勢の人が集まります。
詳しいスケジュールについてはこちら

その海王丸,実は子どもたちを主な対象として,宿泊海洋教室も行っているんです。
海王丸に実際に宿泊できるんですよ!
団体だけではなく個人(親子)で申し込むことも出来るので,興味のある方はぜひお問い合わせください。

本当にざっとですが,新湊の魅力をご紹介しましたが,やはりご当地グルメも気になりますよね?
そこで次回,『新湊に行こう!~実食編』として,新湊グルメをご紹介したいと思います。
なにが飛び出すか?ぜひお楽しみに!