2017年04月28日

【編集長麦ちゃん】春かもめ到来♪

春になって日が長くなった今日このごろ。

春かもめが水を張った田んぼにやって来ました。

かもめの声は猫の鳴き声に似てるのでMewっと言うみたいだけど、田んぼのかもめは無口なのでホントにボクの声と似てるのか確認できまてん。

それにしても足が細いでつね~~。

筋肉でんでんないじゃないでつか。(´・ω・`)   よくこんな細い足で太った体を支えらりるものでつ。 ↓  ↓

 

 

 

 

2017年03月16日

【編集長麦ちゃん】グリーンパーク吉峰 ④コテージ

【編集長麦ちゃん】グリーンパーク吉峰 ④コテージ

新緑の季節になりました♪ 4月から営業のコテージに森の中の桜を見に行くのもいいでつね!!シャワー付棟ではWI-FIも使えまつ。

大きな森の中にたたずむようにたてられた、ウッディ感あふれるコテージ。自然に抱かれるようにときを過ごす。そんな贅沢も、ここでは誰もが気軽に楽しむことができます♪ 受付はもう始まってまつよ~~!!

詳しくはこちら。(グリーンパーク吉峰HP)
https://www.yoshimine.or.jp/web/?page_id=154

 

2017年02月24日

【編集長麦ちゃん】 立山グリーンパーク吉峰 ②バーベキュー

4月1日から営業開始~!!

パークのあちこちで体を動かしたあとは、バーベキューで豪快に食べる!!

セットメニューは国内産肉200gにたっぷり野菜がついています。

(バーベキュー場全区画にてWI-FIが御利用いただけます。)

詳しくはこちら 
https://www.yoshimine.or.jp/web/?page_id=265https://www.yoshimine.or.jp/web/?page_id=265

 

 

 

2017年02月22日

【編集長麦ちゃん】  立山グリーンパーク吉峰 ①吉峰温泉 

立山グリーンパーク吉峰はキャンプあり、旅館あり、温泉ありの三拍子揃った観光施設。

立山連峰のふともに位置し立山登山や観光に最適な場所にありまつ♪

仲間や家族と春の花見やゴールデンウイーク、夏の旅行にもオススメ!!

グリーンパーク吉峰のご紹介
http://www.tateyama-inc.jp/2_1.html
お肌がツルツルになりまつ♪ 吉峰温泉
https://www.yoshimine.or.jp/web/?page_id=197

 

2017年02月06日

【編集長麦ちゃん】黒部湖遊覧船と森林浴♪♪

黒部湖遊覧船と森林浴♪

4月下旬から美女平や日向山高原は新緑の季節になりまつ。

黒部湖遊覧船のデッキから新緑の写真を写したり、おしゃべりを楽しむのもいいでつね~!!

詳細はこちら。

http://www.alpen-route.com/enjoy_navi/seasons/early_summer.html

 

previewtoplevelfileimage (4)

2017年02月03日

【編集長麦ちゃん】期間限定 雪の大谷ウオーク開催!!

期間限定絶景VIEW 『第24回 立山・雪の大谷ウオーク』♪♪

 

雪の迷路、ソリでの雪遊び体験、立山連峰を一望できる雪の遊歩道『パノラマロード』など盛り沢山でつよ~!!

 

「第24回 立山・雪の大谷ウォーク」  

開催:平成29年4月15日(土)~6月22日(木)
詳しくはこちら。
http://www.alpen-route.com/enjoy_navi/snow_otani/

 

2016年04月09日

おうちからお花見♪♪

こんにちは、お家のなかからお花見したふなーです。

山奥の我が家近くは朝から連日、濃霧がたちこめて幻想的な景色のなか
みるひともなく桜が咲き誇っていました。

sakura-kiri

とりさんだけがお花見をたのしんでいるかとおもいきや、
現金に何かをたべていました。もぐもぐ。

tori-sakura

光がさしているような曇っているような、スッキリみえているような不思議な景色。

kiri-way

この後、5時前に一旦明るくなって霧もあがりました。
青空と桜はさわやかですが、こんなぼんやりした風景もいいかも。

yama-sakura

山桜 霞の間より ほのかにも 見てし人こそ 恋しかりけれ

紀貫之

2015年07月13日

涼しげ紫陽花

あまりの暑さにびっくりなふなーです。

山の上なので、少し前まであじさいが見頃でした。

DSC06920

見ているだけで涼しい!

DSC06922

珍しい緑色の紫陽花。。と書くと
緑と紫で不思議な感じがしますね。
この漢字は、白楽天という詩人の詩の中の

与君名作紫陽花

君のために名づけて紫陽花となす。という一句から来ているそうです。
実はあじさいではない花にこの詩を作ったらしいです。
勘違いが定着したのは、あまりにもイメージにぴったりの漢字だったからでしょうか。

DSC06962

水辺もにあいますね。

DSC06967

きっとこんな風景をみて昔の人はさらりと一句。

夏もなほ 心はつきぬ あぢさゐの よひらの露に 月もすみけり

藤原 俊成

(秋はものがなしいというけれど、夏でさえ悲しくなるほど美しい。
あじさいの花びらの露に、月がうつっているのをみるときには。)