2016年04月08日

雪の大谷 「雪やけ」にご注意下さい。

「タイトル」の通り今日は、雪焼けについて書いてみたいと思います。

・・というより筆者の にがーい 失敗談かな・・・^ー^;)
以前4月、「雪の大谷」を見に行きました。
雲ひとつない晴天のなか、雪の大谷や、室堂散策を満喫し、
「あぁなんて気持ちいんだろう」感動しまくりでした。

・・・し、しかし

その間に、私の肌に異変が・

、肌にひりひり感+倦怠感を感じ

鏡をみてびっくり、日焼けです。

でもただの日焼けではありません、

トマトもびっくり!
想像を絶する
まっかっかな日焼けです。

(なんの日焼け対策もしてませんでした。)

家に帰って、妻にただいまって言うと、

腰をぬかすほど「びっくり」してました。
妻に、保湿オイルなどいろいろ塗ってもらい、
少し回復したのですが、
やはり皮膚科で見てもらうことになりました。

顔の皮ボロボロはがれおち、
人前に出れるようになるまで、約1から2週間。
苦い経験から、雪焼けの怖さを知りました。

どうか、4月に立山に来られる皆様。
雪焼け対策を必ず行ってください。

(特に私のように肌が弱い方は十分にご注意ください。)

★雪焼け対策方法

************************
■日焼け止めクリーム (多めにぬってください。)
意外と忘れがちな、”耳”も塗ってください。
■サングラス・ゴーグル
(雪目防止に必須です)
■帽 子

************************

★雪焼けしてしまったら

***********************
雪焼けは紫外線による肌の火傷ですからまず、
冷やすことが肝心です。

炎症がひどい場合は、医者に見てもらってださい。

ほてりがなくなった後、化粧水、クリーム
などでたっぷりと保湿することです。
さらにビタミンをたっぷりと取り、
雪焼けした肌を刺激しないことも大切だそうです。

***********************

 

 

雪のアルペンルートは、言葉も出ないほどの美しさです。

楽しい旅の思い出を作る為にも、

どうか雪焼けには、お気をつけくださいネ。(^_^)/~