トロッコでGO黒部峡谷♫

いい天気でつね~~♪

横浜から来た友達が写した画像でつ。

↓車窓からの景色 猫又駅(標高358メートル)付近 黒部川第ニ発電所

車窓からの景色 出平駅(標高370メートル)付近  出平ダム

ダムは一般人は立入れまてんがトロッコ電車で見ることができまつ。 ↓  ↓

 

欅平駅(終着駅 標高599メートル)周辺

くまさんが魚釣りしてそうな景色でつ♪ ↓  ↓

 

2017年06月19日

【編集長麦ちゃん】富山市ファミリーパークでライチョウのヒナがふ化しました♪(動画あり)

【編集長麦ちゃん】富山市ファミリーパークで17日午後11時すぎにライチョウのヒナがふ化しました♪

 特別天然記念物で、絶滅危惧種のニホンライチョウの人工繁殖でふ化に成功。

 2匹のヒナが可愛いでつ!! 大きくなるといいなぁぁ~~。

動画はこちら→ http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3081824.html  (TBS)

2017年06月10日

【編集長麦ちゃん】なぜか今頃ホタルイカ。(音声あり)

【編集長麦ちゃん】なぜか今頃ホタルイカ。(音声あり)

時間を遡って こりは4月25日。新月11時頃ホタルイカを見に魚津補助港に行きました。

なぜか他府県ナンバーの車だらけ。大きな網を持ってる人や投げ釣りをしてる人などがいたでつ。バーベキューしてるひともいましたよ~。でもみんなアイドリングしてるので臭かったでつ・・。

 

魚津の浜辺。

真っ暗で何も見えまてん。やっぱり午前になってからじゃないとホタルイカって来ないのかなぁ、、?

魚津の波の音でつよ~~♪ ↓  ↓

ホタルイカがいなかったので砂浜の砂や流木などを拾ってきました。

 

 

 

2017年05月22日

雷鳥を見に立山に行こう!

5月の半ばをすぎて日本各地でいい天気が続いていますね。

『五月晴れ』

そんな言葉が頭の中に浮かびます。
でも五月晴れの本当の意味ってご存知ですか?
この言葉が使われ始めた時代,日本の暦は旧暦でした。
旧暦の5月は今でいう6月,梅雨の時期です。
つまり,もともとは梅雨時に見られる晴れ間のことを「五月晴れ」と言ったんです。
この時期の爽やかな晴れ間のことを『五月晴れ』と言うようになったのは最近のことなんですね。

この爽やかな時期に,立山に雷鳥を見に来られませんか?

というのも室堂にあるホテル立山さんがこの時期行っている雷鳥ウォッチング。
去年のデータによると5月の雷鳥目撃確率は93%。そして6月上~中旬にかけてはなんと100%!
つまり今が一番雷鳥を見やすいシーズンなんです。
これは梅雨が始まる前に立山に行くしかありませんね!

実際に立山に行く前に雷鳥について少しおさらいしてみましょう。

 

雷鳥について

日本に生息する雷鳥は『ニホンライチョウ』と『エゾライチョウ』の2つに分けられます。
そのうちのニホンライチョウが日本の固有種で,国の特別天然記念物に指定されています。
他の鳥と違って冬になっても越冬することはなく,一年中同じ場所にとどまり続けます。
ニホンライチョウの生息地は中部地方の山岳地帯で,富山・長野・岐阜県の標高の高い場所を棲み家としています。
つまりバスやケーブルカーで室堂まで行ける立山は日本で一番雷鳥が見やすい場所なんですね。

 

雷鳥を見るには?

では実際に雷鳥を見るにはどうすれば良いでしょうか?
まず一番確率が高いのは,ホテル立山さんの『雷鳥ウォッチングツアー』に参加することでしょう。
ホテル宿泊者であればツアー料金は無料で事前予約も必要ありません。
上のデータにもあるように,かなりの確立で雷鳥と遭遇できると思います。
雪の大谷や黒部ダムも含めてじっくり立山を味わいたい,という方はホテル立山さんへの宿泊も含めて検討できるかもしれませんね。
詳しくはホテル立山の公式HPをご覧ください。

日帰りでもっと手軽に雷鳥ウォッチングを楽しみたい!という方には,室堂付近の散策道周辺を探してみるのをお勧めします。
この時期の立山はまだ雪が残っていて,何の装備もなく奥まで進むのは危険です。
その点,散策道は道も整備されていて歩きやすく,気軽に雷鳥を探索することが出来ます。
雷鳥を見かけることが出来るかどうかは運任せですが,もし雷鳥を見つけることが出来なくてもみくりが池や地獄谷など,立山・室堂の魅力を満喫することが出来るはずです。
少しでも雷鳥に出会える可能性を高めるなら,平日のなるべく早い時間帯に室堂に行かれることと良いですね。
週末は人が多くて雷鳥も警戒しますし,午前中の早い時間帯の方が雷鳥も活発に動き回っているようです。
またこの時期は雄の雷鳥が縄張りの警戒のために1日中岩の上で見張りをしていることもあります。
運が良ければ,こんな凛々しい雷鳥の姿を見られるかもしれません。

 

 

ニホンライチョウの特徴

ニホンライチョウは冬になると周りと同化するために白い羽に生え変わります。
世界各地に雷鳥は生息していますが,このように羽が生え変わるのはニホンライチョウだけだとか。
この時期雪の残る室堂ではまだこんな白い姿の雷鳥に出会えるはずです。

 

 

雷鳥は飛ぶのが苦手で,ハイマツという背の低い松の中を隠れながら進みます。
植物の芽や花,昆虫などを食べていますから,ハイマツと植物が群生している付近や,高山植物が自生しているところを中心によーく目を凝らすと見つけられるかもしれません。

この時期雷鳥が見えやすいのは,産卵時期を迎えて活発に活動しているため。
もう少し季節が進むと雷鳥の親子連れを見かけることも出来ます。

 

(ハイマツから出てきた親子雷鳥)

鳥類界のアルピニスト,雷鳥は中々簡単に見られるものではありませんが,その分出会えた時には特別な感動を味わうことが出来ます。
気候もとてもいいこの時期,雪の大谷や黒部ダムももちろん良いですが,一度雷鳥をご覧になりませんか?

雷鳥に会いに
立山に行こう!

2017年05月06日

【編集長麦ちゃん】黒部峡谷鉄道、トロッコ電車全線開通でつよ~~♪♪(動画あり)

【編集長麦ちゃん】黒部峡谷鉄道、トロッコ電車全線開通でつよ~~♪♪(動画あり)

新緑がまぶしい季節でつ♪ 立山や黒部の秘境、秘湯を味わいに出かけまてんか?

詳細はこちら。(NHK)

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170505/k10010971441000.html?utm_int=nsearch_contents_search-items_001

 

 

2017年04月27日

GW直前!富山への行き方まとめ 2017 ホタルイカを食べに富山に来ませんか?

いよいよGWです。
旅行の計画を進めている方も多いと思います。
一方,ギリギリまで忙しくて予定はまだ何も立てていない,という方もいらっしゃるかもしれませんね。
そんなあなた,今年のGWは富山に遊びに来ませんか?

この時期の富山は立山の雪の大谷砺波のチューリップフェア,新緑に包まれる世界遺産の五箇山合掌造り集落など,見どころ沢山です。

でも中には,

「新幹線が通ったのは知っているけど,富山ってどうやって行くの?そもそもどこにあるの?」

という人がいるのも悲しい現実。
そこで今回は東京と大阪方面からどうやって富山に行けば良いのか?2017年版の最新情報をお伝えします!

 

まずは東京方面から富山への行き方のご案内です。

東京から富山に行くには新幹線,飛行機,バスを使うのが主な方法です。
順番に見ていきましょう。

まずは新幹線です。

 

【新幹線を使って富山に行く方法】

2015年3月14日に待望の北陸新幹線が開業し,東京から富山への距離がグッと短くなりました。その所要時間は2時間10分。
映画を見る時間で映画のような世界に行くことが可能です。
そのメリットは何より乗り換え不要,一本で富山に行ける便利さでしょう。

運賃は,
東京-富山
普通指定席12,730円
グリーン車17,360円
グランクラス25,580円

東京-新高岡
普通指定席13,580円
グリーン車18,210円
グランクラス26,430円

東京-黒部宇奈月温泉駅(指定席:11,860円)
東京-糸魚川駅(指定席:11,000円)

となっています。
グランクラスというのはグリーン車の上を行く,新幹線のファーストクラス。中はこんな感じです。

 


まさにファーストクラスのような座席。
和・洋から選べる軽食にお菓子もいただけて,アルコールも含めた飲み物はなんと飲み放題です。
2時間で着いちゃうのがもったいないくらいですね。

運行本数は
かがやき(停車駅の少ないもの)1日10往復
はくたか(停車数の多いもの)1日14往復
となっています。
最新の時刻表はこちらをご覧ください。

続いて飛行機です。

 

【飛行機を使って富山に行く方法】

現在東京から富山に向かう定期便はANAのみ。
羽田-富山きときと空港の利用となります。
そのメリットはやはり所要時間の短さ。
羽田空港から富山きときと空港までは約1時間のフライトです。
一方デメリットとしてはやはり自宅から空港,そして富山市内へのアクセスでしょう。
羽田空港までは交通の便が整っているので問題ないと思いますが,富山きときと空港から富山市内へはシャトルバスやタクシーの利用が必要となります。

運賃は通常料金が片道¥24,890。早期予約の「旅割」を利用した最安値は¥10,290です。

運行本数は以前は1日6便でしたが,新幹線に押されて現在は1日4便での運行となっています。
詳しい時刻表,運行予定表についてはこちらをご覧ください。

最後はバスです。

 

【バスを使って富山に行く方法】

高速バスを使って富山に行く最大のメリットはやはりその安さ。
日付にもよりますが,大体4000円~7000円ほどで富山に行くことが可能です。
当日便になりますが,最安で1,940円というのを見たこともあります。
一方デメリットは時間と安全性でしょう。
新宿や池袋を出発する高速バスだと片道約8時間。また深夜バスだと安全性が気になります。最近は各バス会社とも安全性の向上にはさらに気を使っていますからそこまで心配する必要はないかもしれませんが,やはり気にされる方も多いかもしれませんね。
しかし一方でバス会社によっては富山市内だけではなく,高岡や砺波などで下車も可能のため,目的地によっては十分検討の余地もあると思います。

高速バスの予約はネットが便利です。
色々なサイトがありますが,例えばこちらなどは参考になるかと思います。

 

では今度は関西方面から富山に行く方法もご紹介しましょう。

 

【電車を使って大阪から富山に行く方法】

北陸新幹線の(現在の)終点は金沢駅。よって大阪から鉄道で富山に行くには新幹線ではなく特急のサンダーバードを使うのが一般的です。
しかしここで問題が一つあって,以前は一本で富山に行けたサンダーバードが現在は一度金沢で新幹線に乗り換える必要があります。
この乗換をデメリットと見るか,もしくは金沢ー富山分だけでも新幹線に乗れる,その分早く着けると見るかは人によるでしょう。

所要時間は約2時間55分。乗り換えを含めても以前より約5分早くなりました。

運賃は
新大阪-富山駅(指定席)8,910円
京都-富山駅(指定席)8,370円
となっています。

詳しい時刻表についてはこちらをご覧ください。

 

現在関西方面から富山きときと空港に発着する便はないため,残る行き方はバスになります。

 

【バスを使って大阪から富山に行く方法】

実は個人的にはバスで関西と富山を行き来するのはお薦めの方法で,その理由は料金が安いこと,そして比較的早く到着できることです。
特急サンダーバードを使って大阪から富山に行く場合,運賃は約9000円,所要時間は約3時間。
一方,高速バスで大阪から富山に行く場合は運賃は約半額,そして所要時間はおよそ5時間ほど,約2時間位しか変わりません。
バス会社としては富山地方鉄道が運営する地鉄バス(実際の運行は阪急バス)が便利で,3列シートのゆったりバスが朝・昼・夕方・深夜の1日4便がそれぞれ往復しています。
地鉄バスのHPはこちらを,阪急バスでの予約はこちらのHPをご覧ください。

 

いかがですか?
東京からも大阪からも富山がグッと身近に感じられたんじゃないでしょうか?
そしてこの時期もし富山を訪れるなら,ぜひ召し上がっていただきたいものがあります。
それが今まさに旬真っ只中の『ホタルイカ』です。

 

 

体から青白い光を発するホタルイカは富山湾を代表する旬の食材です。
またこの時期,タイミングが合えば産卵を迎えたホタルイカが海岸線に打ち寄せる『ホタルイカの身投げ』も見ることが出来るかもしれません。

 


晴れていて海が穏やかな新月の夜,産卵を終えたホタルイカが力尽きて海岸線沿いに打ち付けられ,まるで波が光っているかのように見えるその景色はまさに神秘的の一言。
もちろん美しいだけではなく,食べても美味しいのがホタルイカです。

 

 

きっとこのようなホタルイカの釜揚げを召し上がったことがある方も多いかもしれません。
でも,ホタルイカ一番の食べ方は「お刺身」です。

 

 

この時期にしか獲れないホタルイカを新鮮な内に頂くホタルイカの刺し身は,やはり富山に来て食べて頂くしかありません。
体内に少量の毒素を蓄えているため,生では食べられない内蔵を取り除いたホタルイカの身は,口に入れると舌に吸い付くかのような薄さと食感,そしてしっかりとした甘みを感じることが出来ます。
また下足を使った『竜宮そうめん』は,これだけを食べる人もいるというほどの美味しさです。

新幹線の開通で日帰りも可能になった富山。
この旬のホタルイカを食べるためだけに富山に来ても絶対に損はさせません。
GWの予定がまだの方,ぜひ富山に遊びにいらしてください。

GWも富山に行こう!

2017年04月24日

これからが本番!絶景の立山で春スキーはいかが?

もうすぐゴールデン・ウィークですね。
29日から9連休,という方も多いかもしれません。
せっかくのまとまった休みですから,国内外問わず旅行や観光に出かける人も多いでしょう。
そんなGWのプランの一つとしてお勧めしたいのが,『立山での春スキー』です。

「え,春の立山って言ったら雪の大谷でしょ?」

そう,そのとおり。
4月から6月にかけての立山は20m近い雪の壁がそびえ立つ,雪の大谷が一番の観光ポイントになります。
(雪の大谷についての詳細は2017 雪の大谷見どころ・案内情報まとめの記事をご覧ください)
でも実はその『雪の大谷』の上を滑っちゃおう!というのが今回の趣旨。
一体どういうことなのか?ご案内しましょう!

立山での春スキーは初心から上級者まで色々な楽しみ方がありますが,今回は初めての方のために春山スキー場車券を利用する方法をご紹介します。

 

【期間】
4月22日(土)~5月7日(日)までの毎日

【発売箇所】
弥陀ケ原駅、天狗平駅(天狗平山荘)
※発売駅までは別途運賃がかかります。

【発売額】
おとな 1日券 2,000円
こども 1日券 1,000円
※スキー、スノーボードは事前に保護ケースに入れてお越しください。
※保護ケースをお持ちでない方へは、駅にて簡易カバー(袋)をご購入いただくようお願いしています。
(スキー・スノーボード兼用簡易カバー:300円/税込)

【通用区間】
弥陀ケ原~美松~天狗平の区間

 

まずは普通に雪の大谷を楽しめる室堂(むろどう)駅を目指します。
立山駅から室堂までの往復券を購入し,いざ出発。
立山駅から美女平駅まではケーブルカーを利用し,美女平からはバスに乗り換えて室堂を目指します。
途中,バスは弥陀ヶ原(みだがはら)駅と天狗平駅を通過して室堂に到着です。
そう,このバスをリフト代わりに使うのが立山春スキーの一般的な楽しみ方です。
天狗平駅で下車してスキー乗車券を購入しても良いんですが,せっかくなので先に室堂まで行っちゃいましょう。
室堂駅で板や道具を預けて,まずは雪の大谷見学。
今年は雪も多いのでこんな景色が見られるはずです。

 

 

雪の大谷を満喫したら,室堂駅に戻りましょう。
おそらく,雪の大谷の上を行くスキーヤーの姿が見られたはず。
そう,今度はあなたの番です。
室堂駅からスキーで天狗平まで向かう道のりは構内にも案内があるので,すぐに分かると思います。
案内が見当たらなければ,係員に尋ねれば親切に教えてもらえますよ。

では,いよいよスキーです。
もちろんボードでも良いんですが,なにせここはゲレンデと違って自然の山。
途中は上りがあったりしますし,とくに室堂駅周辺は滑るというよりもスキーを使っての移動というかたちになります。
ストックのないボードではちょっと辛いかもしれません。もちろんボーダーもしっかり楽しんでいますけどね。
室堂駅からさらに雄山を目指す本格的な山スキーヤーや,Tバーの設置されている雷鳥沢キャンプ場方面を目指す人もいるかと思いますが,初めての方はまず天狗平駅を目指しましょう。途中にはポールも立っているので迷う心配も少ないはずです。
もちろんそれでも十分に楽しめます。
何しろ眼前に広がるのはこんな景色ですから。

 


分かりますか?真ん中の小さな点がなんと人間です。
ゲレンデでは得られない,壮大なスケールの山と,空と,雪。

 

 

剱岳をバックに滑ると自分の小ささと,自然の大きさを否応なしに突きつけられます。
雪質は天候にもよりますが,ザラメに近いことが多いかもしれません。
でも,この景色の中で滑る,それが山スキーの醍醐味ですよね。

 

 

この人の手の入っていない斜面を滑るのを想像しただけでワクワクしませんか?

もちろん,ゲレンデではない山でのスキー,ボードには色々注意点があります。
まずは天候。山の天気が変わりやすことは言うまでもありません。特に春先はガスも出やすく,突然の視界不良が起きることもあります。そんな時には無理をせずにじっと天候の回復を待つか,山小屋などへ避難してください。
装備も大切ですね。春山だからといってあまりにも軽装だと,いざという時に困ります。それと食料。当たり前ですが途中に売店などはありませんので,お昼の用意や,万が一に備えてチョコレートなどを持っておくと安心です。
運が良ければ途中,雷鳥などを見かけることが出来るかもしれません。でも立山は雷鳥の保護地区です。危害を加えないようお願いします。
それと必ず二人以上で行動するようにしてください。山ではいつ何時何が起きるかわかりません。怪我の心配もありますし,一人では救助を呼ぶことも出来ません。また遭難に備えて地図やコンパスも準備してください。

このように色々と注意すべきことはありますが,しっかり準備して安全に気をつけて滑れば,ゲレンデでは得られない爽快感と大迫力の自然を満喫することが出来ます。
本場ヨーロッパの山脈にも引けをとらないと言われる立山の春スキー。

今年のGWは春スキーで立山に行こう!

2017年04月21日

【編集長麦ちゃん】富山砺波チューリップフェア開催!!(動画あり)

今年は砺波市で球根栽培が始まってからちょうど100年なんだって~~♪♪

ゴールデンウイークが終わるまでだそうでつ。

雪の大谷じゃなくて花の大谷がありまつ。

家族や友達でいっぱい楽しめそうでつね!!

詳しくはこちら (TBS)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3035038.html

2017年04月10日

立山黒部アルペンルート 一部区間が開通!!

立山黒部アルペンルート 一部区間が開通!!

立山黒部アルペンルート」は、10日、富山県側の一部の区間が開通しました~~。
富山県側の立山駅から標高1930メートルの弥陀ヶ原までの区間が開通しました。
全線開通は、これまでで最も早い今月15日の予定でつ♪

詳しくはこちら。 【 NHK 】

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170410/k10010942981000.html?utm_int=movie-new_contents_list-items_009&movie=true

 

2017年04月04日

2017 雪の大谷 見どころ・案内情報まとめ

今年もいよいよ雪の大谷のシーズンを迎えます!

立山黒部アルペンルート,春の最大の見どころがこの雪の大谷。

今から楽しみにしている人も多いと思いますが,中にはまだ行ったことがない!という方や,そもそも雪の大谷って何?っていう人もおられるかもしれません。
そこで今回は雪の大谷を十二分に満喫するために抑えておきたいポイントをまとめてみました。

雪の大谷初心者からベテランの雪山ファンまで,必見の内容ですよ!

 

 

【雪の大谷って何?】
雪の大谷がある立山室堂平は標高2,450mの位置にあり,世界でも有数の豪雪地帯です。
その山頂に降り積もる雪の高さは何と最大で20m。
その室堂平まで続く雪を除雪した後に残る,両脇にそびえ立つ雪の壁が通称「雪の大谷」と呼ばれています。
両側にそびえ立つ雪の壁を間を歩く「雪の大谷ウォーク」はこの時期の立山観光最大の見どころです。

 

 

これが最高で高さ20mにも達する雪の壁,「雪の大谷」です。バスと比べるとその高さがよくわかりますね。

 

【どうやって除雪するの?】

雪の大谷のある室堂平までは,立山黒部アルペンルートと呼ばれる車道(一般車両は立ち入りできません)が伸びています。

その道に積もった雪を専用の車両を使って少しずつ除雪していきます。

今はGPSを使って作業をしていますが,昔は道路脇に立てたポールを目印に,職人の勘と技術を頼りに除雪していたそうです。

 

こちらがその除雪車,その名も「立山熊太郎」。550馬力のパワーで1時間当り4000トンもの雪を除雪します。運が良ければ熊太郎にも会えるかも?

 

【雪の大谷の見頃はいつ?】

今年は4月10日に部分開通,15日(土)前線開通です。
例年だと6月中旬ごろまでの開催期間ですが,当然雪の壁の高さは少しずつ下がっていきます。
5月半ば位までなら,壮大な雪の壁の姿を存分に楽しむことが出来ると思います。
昨シーズンは雪不足で壁の高さも平年より低めでしたが,今年はしっかり雪が降ったため,雪の大谷を十分に満喫できそうです。

 

【どうやって行ったら良いの?】

富山側から室堂平までの行き方は大きく分けて二通りの方法があります。
一つ目は,立山の麓にあるあるぺん村から立山室堂直行バスツアーを用いる方法。
もう一つが立山駅からケーブルカーとバスを乗り継いで行く方法です。

あるぺん村からバスを使っていく方法のメリットは何と言ってもその便利さ。
マイカーであるぺん村まで向かえば,後はバスに揺られるだけで室堂平に直行です。
バスの申込み方法,料金などはこちらをご覧下さい。

立山駅から行く方法の楽しみには,ケーブルカーやバスなど,様々な乗り物を乗り継いで行くワクワク感,旅行気分を十分に味わえることでしょう。

 

 

こちらがそのケーブルカー。これで美女平まで行き,その後はバスに乗り換えます。
駅には無料駐車場もありますし,チケットを購入後は特に難しいこともありません。
詳しくは立山黒部アルペンルートの公式HPをご覧ください。

注意していただきたいのは,どのルートで行くにしても,全線開通からGWまでにかけては混雑が激しくなるという点です。
チケット購入や乗車時までに長時間の待ち時間(2~3時間待ちということも)が発生する可能性があります。
くれぐれも時間には余裕をもって,そしてあらかじめ十分な計画を立ててお越し下さい。

なお,裏ワザ的な方法として,立山駅にほど近い立山国際ホテルでは毎年宿泊と室堂平直行バスがセットになったプランを販売しています。
このプランを使うと,チケット購入や並ぶ心配もなく,雪の大谷を楽しむことが出来ます。
県外など遠くから来られる方には便利かもしれませんね。
室堂直行バス往復セットプランの詳細については,立山国際ホテル公式HPをご覧ください。

 

【どんな服装で行ったら良いの?】

室堂平は標高2,450m。GW中でも山の上は気温が最高でも10℃前後と真冬並の服装が必要です。
また,天候によっては雪が降る場合もあるので,手袋やマフラーなど,防寒対策はしっかりして行きましょう。
一方で雪山は辺り一面の銀世界が広がります。
そのため,日焼け止めやサングラスなど,雪焼け対策も十分行ってください。

 

 

GW中でも山の上はご覧の通りの雪景色。装備はしっかり整えましょう。

 

【雪の大谷以外にも楽しみはあるの?】

雪の大谷の楽しみは雪の壁だけではありません。
期間中,色々なイベントが行われています。

まずは毎年多くの来場者を喜ばせている,雪の迷路。

 

 

縦横30m,高さ2mの雪の迷路で気軽に雪と戯れてください。

大人から子どもまで楽しめるのはこの雪の滑り台も一緒。

 

 

立山の雪を存分に利用した滑り台。全長30mの迫力満点のソリ遊びを楽しめます。利用も無料。ただしこちらの開催期間は期間終わり頃の6月からとなっていますので,ご注意下さい。

雪の壁に自分の名前を記しませんか?
それが出来ちゃうんです,雪の大谷なら。

 

 

この雪の壁メッセージエリアなら,自分や大切な人の名前を刻んで記念写真を撮ることもできます。
あなたなら雪の壁にどんなメッセージを残しますか?

 

他にも雪の大谷に負けない迫力の,歩行者専用道路の雪の回廊や,小さなお子様も楽しめる雪遊び広場など,雪の大谷には見どころ,お楽しみスポットが満載です。
初めての人も,何度も行ってるよ,という方もきっとお楽しみいただけると思います。

 

前線開通までもうすぐ。

2017年も雪の大谷に行こう!

2017年03月27日

富山のお薦めお花見スポット10選~後編

日本で桜というとまず真っ先に思いつくのがソメイヨシノですよね。
淡いピンク色で,葉よりも先に花が咲き,終わりにはハラハラと花びらが散っていく…
そんな日本人の美的感覚にピッタリのソメイヨシノは実は元々ある野生の桜ではないんです。

江戸時代の後期に,江戸の染井村で偶然品種改良されたのソメイヨシノ。その後瞬く間に日本中に広まったそうです。
驚くべきはその広まり方。
ソメイヨシノはクローン品種で自然には繁殖しないため,人の手で接木しなければなりません。
つまり,今日本中で咲いているソメイヨシノは元々一本の桜から,人の手で一本ずつ接木して広がっていったものなんです。
一本の桜の木から日本中に広がるソメイヨシノ…それだけ我々日本人に愛されてきた品種なんですね。

その桜を今年も存分に楽しんで頂くためにご紹介している県内のお薦めお花見スポット。
富山のお薦めお花見スポット10選~前編では県西部のお花見ポイントをご紹介しましたが,後編の今回は県東部のお花見ポイントをランキング形式でお届けします。

では早速第5位から。

 

第5位常願寺川公園
所在地:立山町利田
桜の見頃時期:4月上旬 ~ 4月中旬
去年の開花日:3月30日
去年の満開日:4月3日

 

 

立山の最寄りのお花見スポットと言えばここ,常願寺川公園の桜です。
昭和27年に堤防道路沿いに植えられた桜並木は車で通りかかるだけでもその美しさを堪能できます。
公園内には色々な遊具で楽しめるわんぱく広場、野球・テニス・サッカー・ラグビーの専用施設などもあり,子どもからお年寄りまで楽しめます。
特にこの時期は桜目当てに訪れる人も多く,家族連れから大人数のグループまで,おもいおもいのお花見を楽しめます。

 

 

みんなで桜のトンネルをお楽しみください!

 

第4位
八尾神通さくら堤
所在地:山市八尾町西神通・中神通
桜の見頃時期:4月上旬 ~ 4月中旬
去年の開花日:NO DATA
去年の満開日:NO DATA

 

 

富山市の八尾地区と言えば何と言っても風の盆ですが,実はお花見の隠れた名スポットでもあります。それが越中八尾駅から東に7Kmほど,神通川の辺りにある西神通・中神通のさくら堤です。
神通川の中州にある西神通・中神通は周囲を堤防に囲まれた輪中集落で,洪水防止のために植えられた約800本の桜がこの時期,集落を花の島へと変貌させます。
右岸の大沢野地域・塩地区の200本の桜と合わせて「千本桜」とよばれる圧巻の桜は,立山連峰をバックに息を飲む美しさを見せてくれます。

 

 

桜の時期もぜひ八尾にお越しください。

 

第3位富岩運河環水公園
所在地:富山市湊入船町2
桜の見頃時期:4月上旬 ~ 4月中旬
去年の開花日:3月30日
去年の満開日:4月3日

 

 

富山駅から歩いてすぐに場所にある富岩運河環水公園。
こちらの桜は今回紹介する中では一番規模が小さいかもしれません。
しかしそれでもここをお勧めするポイントは何と言ってもそのロケーションの良さ!
近年すっかり富山市の新しい観光スポットとなった富岩運河環水公園。
通の間では絶対に訪れるべきと言われている噂のスターバックスや,赤い糸電話がかかる天門橋など,デートスポットとしても有名になりました。
そんな富山市民の憩いの場所,環水公園はこの時期さらに華やかに賑わいます。
公園の一角に佇む桜は周囲の景観を損なわず,逆に公園の美しさを引き立てています。
自らが主役にならない珍しい桜と言えるかもしれません。
富山の今一番新しいお花見スポット,富岩運河環水公園にぜひ遊びに来てください!

 

 

桜を見下ろすお花見も出来ますよ。

 
第2位富山市松川
所在地:富山市本丸1-34
桜の見頃時期:4月上旬 ~ 4月中旬
去年の開花日:3月27日
去年の満開日:4月1日

 

 

富山でお花見をするのに絶対に外せないのがここ松川の桜。
富山市中心部を流れる松川は、かつては富山城の天然の外濠であり、かつては富山藩の河川舟運路としても用いられていました。
現在は「日本さくら名所100選」にも選ばれ、富山県随一の桜の名所として全国にその名が知られています。
また開花期間中は桜のトンネルを行く「お花見遊覧船」や,全日本チンドンコンクールの開催など,イベントも多く行われています。

 

 

またここの魅力はちょっと外れた路地にも見事な桜が多くあること。

 

 

 

今年はぜひ自分だけの桜景色を見つけてみてください。

 

第1位舟川べり桜並木
所在地:朝日町舟川新
桜の見頃時期:4月上旬 ~ 4月中旬
去年の開花日:NO DATA
去年の満開日:NO DATA

 

 

北陸自動車道朝日ICを降りてすぐの場所にある船川べりの桜。ここ朝日町は新潟都の県境で,富山市からは確かにちょっと遠いかもしれません。
でも,川岸に咲く満開の桜並木と北アルプスの山々の背景が見事なここの桜はぜひ一度訪れて欲しい,『立山に行こう!』イチオシの桜スポットです。
毎年桜の開花時期には清流舟川をはさみ、約250本のソメイヨシノが川の両岸800mにわたって咲き誇り、桜のトンネルを織りなします。
また夜にはライトアップが行われ,別世界の美しさを堪能できます。

 

 

しかし舟川の桜を唯一無二の存在にさせているのが,この景色です。

 

 

いかがですか?
手前からチューリップの赤,菜の花の黄色,桜のピンクと立山連峰の残雪。
まさに息を飲む美しさ。
まるで絵本の世界を切り取ったかのようなこの風景は,それぞれのタイミングがピッタリ合う,1年の内でもごくごく限られた期間しか見ることができません。
ぜひ一度,この美しい景色を眺めに朝日町まで足を運んでください。

 

2回にわたってお届けした,『立山に行こう!』がお勧めする,富山のお薦めお花見スポット10選。
今年のお花見の参考にして頂けるとうれしいです。

もうすぐ桜も満開。
春がやってきます。
今年もみんなで

お花見に行こう!